今までの栗の履歴


農林水産省が公表している統計情報などを年度ごとに掲載しています。

7月まで長雨低温・8月高温少雨 

茨城県 高温障害多発

小粒

茨城県 台風被害昨年比70%

熊本県 茨城県に肉薄

愛媛県 西日本豪雨昨年比1/2

7月から8月の高温、少雨

高温障害多発


空梅雨と高温・夏の長雨

着果数ごく少。大粒

茨城県 台風被害昨年比80%

熊本県 台風被害昨年比35%

熊本県 3位に

早生栗がよくて中生・晩生があまり良くない。


遅い春、5月の降雹、6月の台風、夏の高温少雨

モモノゴマダラノメイガの多発

茨城県 台風被害昨年比75%

高温障害多発

東日本大地震

酷暑と雨不足の夏のため収穫時期遅れた。


冷夏

一つ栗が多く大きさはどの品種も大粒、品質も近年になく良い。

8月末からの多雨低温。

大きさはどの品種も大粒

受粉期に雨が少なく小粒

台風 中生栗被害

 

春先からの夏まで続いた日照不足


熊本県 台風被害前年比62%

熊本県 台風被害前年比75%

冷夏

6月下旬以降の低温・日照不足の影響により生理的落毬が多い


熊本県 茨城県に肉薄

東日本不作・西日本豊作

茨城県 5月・6月に雹

茨城県 5月・6月に雹

大粒

東海村臨界事故

秋雨が少。早生栗は小粒

夏季の日照不足

台風 中生栗被害