国産・茨城県岩間の栗を ぜひ食べてください。 表示倍率の変更
今までの栗の四季
   

栗の四季2006年

詳しい内容は、こちら(ブログ・2006年栗の様子)

4月23日 新芽がでてきました。

4月23日撮影
新芽が出てきました。
今年の冬は寒さが厳しかった。良い栗が採れますように。


5月28日撮影 もうすぐ開花 筑波栗
5月が記録的な日照不足・多雨で影響がどう出るか不安。


6月12日撮影 丹沢栗
咲き出した丹沢栗の雄花。
前回の文面訂正します。。5月は、ずっと曇りがちで毎日のように雨が降っていましたが、降水量はさほど多くなく また最高気温は低いですが 最低気温は高かったそうです。そのため、平均気温は平年並みです。(茨城県園研より)
日照は、最低ですが栗の木にはあまり影響なさそうです。


6月12日撮影 晩赤栗
栗の花は、遠目で見るとスローシャッターで写した
滝の流れのようできれいです。
昨年より1週間くらい早いようです。。


6月17日撮影 丹沢栗
栗の花の、ふさふさした部分は雄花です。
栗の実は、雌花が変化していきます。
  徐々に紹介していきたいと思います。


6月22日撮影 丹沢栗
雌花のついている枝の雄花が咲いてくると栗の花の盛りを過ぎます。
雌花のがくの部分が トゲトゲのいがになっていきます。


6月29日撮影 丹沢栗
雄花は、朽ち果てて イガはトゲトゲが栗らしい形になってきました。

この二つの栗は、7月はいるとすぐ生理落下してしまいました。


2006年9月9日撮影待ちに待った丹沢栗。
6月12日のコメント訂正
日照不足、やはり大きく影響あり。
ここ数年で一番遅く始まりました。粒は、小さいです。


2006年9月18日撮影国見栗。
今日は、台風余波で雨が降ったりやんだりです。
丹沢・出雲はほぼ終わりました。今年は早生栗の当たり年のはずですが
残念ながら、不作でした。2年続きの不作です。
これから、大峰・国見といった早生栗の終わりの品種になります。


2006年9月23日撮影利平栗。
現在は、早生栗の終わりと中生栗の始まりの端境期です。
中生栗(筑波・利平栗)が本格化するまであと4・5日。



2006年9月23日撮影利平栗。
利平栗の収穫が始まりました。
他の品種に比べるとできが良さそうです。
元々成りが薄いため、日照不足の影響が少ないのかも?



2006年9月23日撮影今日収穫した利平栗。
心配された台風14号も海上にそれ利平栗の販売は例年通りできそうです。
販売は10月19日からです。

2006年10月1日撮影今日収穫した利平栗。

利平栗の収穫最盛期に入りました。
利平栗の特徴として、ちょんまげがとても長い。
下の写真のように、ちょんまげが引っかかって落ちられない利平栗をよくみかけます。





2006年10月1日撮影今日収穫した筑波栗と利平栗。
手前筑波栗。奥利平栗。
利平栗は、ちょんまげが長く頭頂部に毛が生えていて色が濃いのが特徴です。
今年の筑波もやはり小さくて不作。
利平栗の健闘が、光ってます。
中生栗の収穫は、ほぼ終わりました。
昨年より著しく不作です。
利平栗もほぼ終わり収穫量は昨年の半分くらいです。

2006年10月8日撮影 収穫を終える利平栗

晩生栗の始まりです。
石鎚栗の収穫が、始まりました。
粒は、やはり小粒。



2006年10月8日撮影 収穫が始まった石鎚栗


2006年10月8日撮影 収穫が始まった石鎚栗
いよいよ収穫も終わりに近づきました。
現在収穫されているのは晩生の栗です。


2006年10月15日撮影 向かって左から晩赤・石鎚・岸根


2006年10月15日撮影 晩赤栗

昨年より遅く始まって、早く終わりそうです。

栗について
INDEX


栗について検索

国産 茨城県笠間市岩間の栗と梅の通販・オンラインショッピングです。

Copyright(C)1998-2008 K.K ODAKISHOUTEN All rights reserved. Reproduction in any form prohibited