国産・茨城県岩間の栗を ぜひ食べてください。 表示倍率の変更
今までの履歴
2003年栗の履歴 2002年栗の履歴 2001年栗の履歴 2000年栗の履歴 1999年栗の履歴 1998年栗の履歴
2009年栗の履歴 2008年栗の履歴 2007年栗の履歴 2006年栗の履歴 2005年栗の履歴 2004年栗の履歴
2015年栗の履歴 2014年栗の履歴 2013年栗の履歴 2012年栗の履歴 2011年栗の履歴 2010年栗の履歴
2016年栗の履歴

2010年栗の履歴

順位 県名 収穫量
1 茨 城 6,650t
2 熊 本 3,320t
3 愛 媛 1,870t
4 宮 崎 797t
5 岐 阜 794t
6 埼 玉 723t
7 千 葉 658t
8 栃 木 541t
9 長 野 495t
10 兵 庫 454t
11 神奈川 445t
12 大 分 412t
13 東 京 408t
  その他 5,933t
平成22年産栗の収穫量

 平成2 2 年産くりの収穫量は2万3,500tで、茨城県、熊本県等で開花期の天候に恵まれ結毬数の増加等により10a当たり収量が上昇したことから、前年産に比べて1,800t(8%)増加した。

(1) 結果樹面積は2万1,700haで、前年産に比べて400ha(2%)減少した。これは、生産者の高齢化に伴う廃園等が進んだためである。

(2) 10a当たり収量は108kgで、前年産に比べて10%上回った。これは、茨城県、熊本県等で開花期の天候に恵まれ結毬数が増加したこと等による。

(3) 都道府県別にみた収穫量割合は、茨城県が28%、熊本県が14%、愛媛県が8%となっており、この3県で全国の5割を占めている。

(農林水産省より 平成22年産西洋梨、かき、くりの収穫量及び出荷量 平成23年4月20日公表)

当社の意見として

茨城の収穫量は大凶作の昨年平成21年度の140%。茨城県の平均収穫量5,761tに対し平成22年度6,650t 平年比115%の豊作になりました。この数字だけ見ると 大変良い年と思えますが実は違います。

左図を見てください。8月・9月の卸売数量は大凶作平成21年度より少なく卸売単価も高くなっています。10月は反対になっています。8月・9月は大凶作の平成21年を上回る超凶作で 10月は逆に超豊作になりました。
冷たい春で生育が遅れ 酷暑と雨不足の夏のため収穫時期がめちゃくちゃ遅れました。前半は凶作に泣かされ後半は大豊作のため死にそうなくらい忙しかった。品質は上々。利平栗は近年に無いくらい品質が良く久々の豊作でした。 収穫時期さえ遅くならなければ大変良い年になったはずです。
ただ、ほかの果実は皆不作になったのに対し 栗は豊作になったので良しとしましょう。


年度 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 平均
全国 30,100 32,900 26,200 30,000 26,700 29,000 30,100 24,600 24,000 21,800 23,300 22,100 25,300 21,700 23,500 26,087
茨城県 5,930 6,605 5,020 6,090 5,520 5,100 6,780 5,010 6,390 6,210 4,910 5,350 6,110 4,740 6,650 5,761


年度別 全国&茨城 栗収穫量


詳しい今年度の履歴は、こちら

栗について
INDEX


栗について検索

国産 茨城県笠間市岩間の栗と梅の通販・オンラインショッピングです。

Copyright(C)1998-2008 K.K ODAKISHOUTEN All rights reserved. Reproduction in any form prohibited