国産・茨城県岩間の栗を ぜひ食べてください。 表示倍率の変更
今までの履歴
2003年栗の履歴 2002年栗の履歴 2001年栗の履歴 2000年栗の履歴 1999年栗の履歴 1998年栗の履歴
2009年栗の履歴 2008年栗の履歴 2007年栗の履歴 2006年栗の履歴 2005年栗の履歴 2004年栗の履歴
2015年栗の履歴 2014年栗の履歴 2013年栗の履歴 2012年栗の履歴 2011年栗の履歴 2010年栗の履歴
2016年栗の履歴

2005年栗の履歴


平成17年産くりの収穫量は2万1,800t、出荷量は1万4,900tで、前年産に比べて
それぞれ2,200t(前年産対比9%)、1,700t(同10%)減少した。

(1) 結果樹面積は2万3,700haで、老木園の廃園があったこと等から、前年産に比べて600ha(同2%)減少した。

(2) 10a当たり収量は92kgで、九州地域で前年の台風の影響による樹勢の低下により、結きゅう(毬)数が少なかったことや、風第14号の影響による落きゅう(毬)が多かったこと等から、作柄の悪かった前年産をさらに7%下回った。

(3) 都道府県別にみた収穫量割合は、茨城県が全国の28%、熊本県及び愛媛県が8%、岐阜県が5%となっており、この4県で全国の約5割を占めている。くりの収穫量は2万1,800t、出荷量は1万4,900tで、前年産に比べてそれぞれ600t(同3%)、900t(同5%)減少した。

(農林水産省より 平成17年産西洋梨、かき、くりの収穫量及び出荷量 平成18年2月16日公表)

当社の意見として

近年の傾向として 豊作・不作が 交互に来ています。 2005年は、不作にあたり 特に早生栗がはずれでした。
2006年は、早生栗は当たり年に当たります。


2002年以降 年々収穫量が減ってきている。
その中で、茨城県の健闘が光っています。

詳しい今年度の履歴は、こちら

栗について
INDEX


栗について検索

国産 茨城県笠間市岩間の栗と梅の通販・オンラインショッピングです。

Copyright(C)1998-2008 K.K ODAKISHOUTEN All rights reserved. Reproduction in any form prohibited