国産・茨城県岩間の栗を ぜひ食べてください。 表示倍率の変更
今までの履歴
2003年栗の履歴 2002年栗の履歴 2001年栗の履歴 2000年栗の履歴 1999年栗の履歴 1998年栗の履歴
2009年栗の履歴 2008年栗の履歴 2007年栗の履歴 2006年栗の履歴 2005年栗の履歴 2004年栗の履歴
2015年栗の履歴 2014年栗の履歴 2013年栗の履歴 2012年栗の履歴 2011年栗の履歴 2010年栗の履歴
2016年栗の履歴

2003年栗の履歴

結果樹面積は2万5,300haで、前年産に比べて300ha(1%)減少した。10a当たり収量は99kgで、前年産を15%下回った。
これは、6月下旬以降の低温・日照不足の影響により生理的落きゅう(毬)が多く、結きゅう(毬)数が少なかったことによる。収穫量は2万5,100tで、前年産に比べて5,000t(17%)減少し、出荷量は1万7,300tで、前年産に比べて4,300t(20%)減少した。
収穫量の府県別割合をみると、茨城県が全国の20%熊本県が16%、愛媛県が9%となっている。
茨城県昨年比74%・熊本県昨年比92%。
(農林水産省より 平成14年産かき、くりの収穫量及び出荷量)

 当社の意見として、6月下旬以降の低温・日照不足の影響により早生栗は、収穫量が半分以下の超凶作。
生理的落きゅう(毬)が通常8月上旬までに終わるが 収穫期まで伸び収量予測が難しかった。
中生栗まで収量・品質とも近年では類を見ない位悪かった。
9月中旬の真夏並みの天気で晩生栗は、やや持ち直した。
統計情報では 茨城県は昨年比74%だが、近隣の栃木県・千葉県並みの64%が私としての意見です。

2003・9・7

今年は、栗が遅れると思いましたが予想外に早く出始めました。
しかし、早生栗は収量が少なくはずれのようです。
森早生・玉造はすでに終わり、丹沢も終盤です。
今年は、低温と日照不足がどのように影響するか、少し怖いところです。

2003・9・15

このところ、真夏並みの暑さです。
8月と9月の天気を取り替えて欲しいです。
大峰・国見は盛りを過ぎました。
もう少しすると、筑波や利平が出てきます。
昨年より5日くらい早く、数量は約半分です。
果実は、小さめしかも割れが多い。

2003・9・21

2週間の真夏並みの天気と日照りで収穫量は、ぱったりです。
2日前まで最高気温30度、今日は20度。今年の天気はどうなってるんだ?
先週もいいましたが、もういちど
もう少しすると、筑波や利平が出てきます。
今年の栗は、さっぱりわかりません。
1993年の冷夏のときより 状況は悪い。

2003・9・28

大峰の盛りから待つこと2週間。ずいぶん間が空きました。
昨日から筑波が盛りになりました。
利平も出てきてます。
収量は、相変わらず半分。
今週でピークは過ぎます。

2003・10・05

中生栗も終わりに近いです。ここのところ切れ目です。
今年の秋は、雨が少なくメリハリが無く ずるずると収穫期間が延びている。
もうすぐ石鎚が盛りに入ります。

2003・10・13

昨日・今日と久々の雨です。
最後の栗、岸根が 盛りです。
後1週間で、栗の収穫はほぼ終わります。

2003・10・19

栗の収穫はほぼ終わりました。農家の皆さんごくろうさまでした。
最後の品種岸根がぽろぽろとあるくらいでほとんどありません。


 

栗について
INDEX


栗について検索

国産 茨城県笠間市岩間の栗と梅の通販・オンラインショッピングです。

Copyright(C)1998-2008 K.K ODAKISHOUTEN All rights reserved. Reproduction in any form prohibited